萩原謠子ピアノ教室 クラヴィーアクラッセ ブログ

BLOG ブログ

カラフルな楽譜、何なに??

40代の生徒、高校まで習って長~~いブランクを経て数年前に

入会しました。今ではベートーベンソナタやショパンのエチュードを

弾きます。

でも、先日「私どうも譜読みが苦手で時間がかかるのです。」

と告白するのです。

子供の頃は耳で聞き覚えたり、先生や親から教えてもらうことが多く、

自分で考える習慣がなった結果のようです。

音符の読み方は個々の音が読めることは基本ですが、

模様読み出来ることはもっと大切。

2音があれば 同音、2度(隣の音)、3度(一音飛ばし)がまず指とリンクすること。

彼女はなんとバッハのインベンションやベートーベンソナタに

色鉛筆でマークしてきたのです。

感動!!  自分で考えて実践してきたのです!!

そしてそれとは別に初見練習の曲集を使って、一から模様読みを身に付けることを実践中。

急がば廻れ!初歩から取り組んだ方が早いですね。