萩原謠子ピアノ教室 クラヴィーアクラッセ ブログ

BLOG ブログ

エレクトーンの弊害

「原因解明と対策」

 

転入生徒3名が それぞれの程度の違いはありますが、音符の音域が

ピアノと対応できないのです。

何が原因かわからなかったのですが、自宅でエレクトーンを使って練習しているのが

わかり納得。私自身はエレクトーンを使ったことがなかったので

ピント来ていなかったのですが。

2段の鍵盤に加えてフットペタル。

ピアノ大譜表との音域の対応が頭の中でどちゃごちゃになっていたようです。

原因がわかれば、後はコツコツ修正です。

レッスンの度にホワイトボードの五線譜に書かれた音と鍵盤位置当てっこを

ゲーム形式でやっています。

もう一息で修正できそうです。