萩原謠子ピアノ教室 クラヴィーアクラッセ
 
 
 
ピアノクラスのご紹介 講師のご紹介 facebook(ブログ) 推奨 楽譜・書籍・音楽CD よくあるご質問
 
  みなさんの声  
 
  トップページ > みなさんの声 > 生徒さんの声(大人編)> 中野 佳子さん

講師の声
生徒さんの声(こども編)
生徒さんの声(大人編)


クラヴィーアクラッセ(ピアノ教室)インタビュー 講師の声
クラヴィーアクラッセ(ピアノ教室)インタビュー 生徒さんの声


クラヴィーアクラッセ(ピアノ教室)ピティナ南大阪ステーション
クラヴィーアクラッセ(ピアノ教室)MOSTクラブ ピアノ指導者研究会
クラヴィーアクラッセ(ピアノ教室) コンサート情報
 
クラヴィーアクラッセ(ピアノ教室) ピアノコンクール入賞実績
 
 
クラヴィーアクラッセ(ピアノ教室)ご入会をお考えの皆さまへ
 

クラヴィーアクラッセ(ピアノ教室)無料体験レッスン



 
 

生徒さんの声(大人編)

 


07:Adlut edition

西岡 加織さん

大人クラス
中野さん


娘、息子、私と3人が萩原先生にお世話になっています。
子供達も含めて、お教室のことを書かせて頂きたいです。
一昨年の6月より、息子が萩原先生のお宅でリトミックを習い始め、
それまで他でピアノをを習っていた娘も、こちらに編入させて頂きました。娘は萩原先生に教えて頂いて変化が見られてきました。
先生が曲にイメージをもたせて下さり、一曲がお話のように仕上がっていく・・・
そんな感じでした。 今ひとつ上手いといは思えなかった娘の演奏に感情が入ってきたように思われました。 その次に気になったのが指先のタッチです。マンション住まいの為、
ピアノが置けず 娘は習い始めた時から電子ピアノでした。 習い始めの大事な時期にピアノで練習させてあげられない事が私は非常に残念でなりませんでした。
それにせっかく素敵な先生にお会い出来たこともあり、ずっとこのまま教えて頂けたらと強く願いました。子供達のお友達がこの土地にたくさん出来た事もあり、主人の仕事でこの先転勤があっても住もうと決心して一軒家に引っ越し、 ピアノを購入しました。
今、娘の指のタッチは以前より良くなってきたと思いますが、 まだやはり弱く感じられることもありこれからも課題となっていきそうです。

そして私の話になりますが・・・ 昨年5月、お教室の通信を読んでいた時「生徒のお母様限定レッスン」というお知らせに パッと目が留まりました。 私は昔からずっと音楽が大好きで昔はピアノを習っていて、社会人になってからは、 アマチュアの吹奏楽団に入ったり、そのつながりの仲間とバンドを組みキーボードを 3年程させてもらったこともありますが、出産後は何もしていない日々が続いておりました。
そのお知らせを読んで「また、ピアノを習えるかな」と、かなり思案した後、先生にお話したところ、先生に快く引き受けてくださり、いよいよかなり久しぶりに 趣味の音楽を続くられることになりました。 萩原先生のレッスンは音の一つ一つを味わい、一曲一曲を味わい深い曲に仕上げて下さいます。同じメロディーや同じ小節が繰り返される意味を教えて下さったり、 フレーズのまとまりを私に気づかせて下さったりします。
私だけが曲を見た場合、ベターとして何の面白みもない上辺だけのものとなるところ、 先生にレッスンして頂く事によって曲が平面から立体化されています。そして私が感じたものとはどんどん違った曲になっていくのです。どうまとめて弾いて良いのか分からない曲にまとまりがつき、最初私がこの曲に感じなかったものに多大にプラスされることもあれば、
あまり好きでないなぁ、つまらないと思った曲が180度一転! なんて良い曲なのだろう・・・
なんてびっくりしたりもしました。 レッスンによって、曲が全く違った曲になるのには、
本当に驚かれます。
また、よく間違える所、弾きにくい所はその間違いを指摘されるだけでなくて、 その部分をどうしてよく間違えるのか、指使い、前後の小節部分より一緒に考えて下さいます。
最初の30分レッスンで習い出した私ですが、もっとまだまだ深く説明を聞いて勉強したいなと思い、今年から30分レッスンを1時間に変更して頂けるようお願いしました。
1時間はさすがにゆとりを持って、一曲一曲に取り組めます。
それでもあっという間で 「えっ!もう終わり?!」と感じるくらい充実した時間です。
レッスンには私自身大きな緊張感と、大きな楽しみをもって行かせて頂いています。
でもきちんと練習出来ていない事も多く、先生に申し訳なく感じる事も多々あるのですが・・・。 ピアノの先生は、ご自宅でお仕事をされている分、ご家庭を持っていらっしゃるととても大変だと思います。普通は生徒さんを教えて年1回の発表会・・がよくあることかなと思うのですが、萩原先生は沢山のコンクールに力を入れて下さったり、 他の先生方とのお勉強会、話合いも頻繁にされているようで、 常に目標を掲げて新しいことに取り組んでいらっしゃるようです。
本当に向上心の高い方でいらっしゃると尊敬させて頂いております。
ピアノのコンサートやハーモニカとピアノの演奏会、他の先生を呼ばれての公開レッスンなどなど、イベントも盛り沢山におこなって下さり、私のかなりの楽しみとなっています。 そして、お教室には沢山の生徒さんが通われていますが、先生は一人一人の個性を良く見て下さいながら、上達するように指導して下さっていることを感じます。 娘は萩原先生が大好きで尊敬し、
息子はというとリトミックの上達を心配していたものの、 最近家でも時々ですが、
自分からピアノの前に座るようになりました。 面白い手つきではありますが、鍵盤を一生懸命押して「タン」「タン」と言いながら やっている姿に親としては喜びを感じずにはいられません。

私のレッスンの時間、自分の力のなさの為、「弾けないなぁ」と満足のいかないことも多いのですが、全く違った曲が見えて来る喜びと、面白さを体験出来る所が 楽しくてたまりません。
あとは私にその曲の素晴らしさを少しでも伝えられる力がつけられたらな、という そんな大きな目標を持って、これからも勉強させて頂きたいなぁと思っています。



生徒さんの声(大人編)トップへ